美希デンタルクリニック
当院の矯正治療について

奈良近隣ではまだ実践している歯科医院の少ない床矯正(非抜歯)治療を推進しています。
抜歯を伴う矯正治療は、歯が綺麗に並ぶスペースがないので、歯を抜いてスペースを確保しようとします。

一方、床矯正(非抜歯)治療は、歯が綺麗に並ぶスペースがないのは、顎が未発達になっているからであり、歯を抜いてしまってはお口の正しい機能が損なわれてしまう可能性があります。
だから歯はなるべく抜かずに、顎の拡大や舌のトレーニングを用いて、歯が綺麗に並ぶようにしようという矯正治療です。

例えば、顔の成長が終わる前の年齢で、歯を抜いて矯正治療を行うと、バランスが崩れ、咬む刺激が低下し、顎や顔の発育に悪影響を与えることがあります。
美希デンタルクリニックでは歯並びを綺麗にするだけではなく、お口全体の機能を考えて矯正治療を進めていくことで、顎および顔全体を美しくする、矯正と審美の保存の高い次元での融合を目指しております。

当院の矯正治療についてイメージ
●まずはなぜ歯並びやかみ合わせが悪くなるのか考えましょう!
原因

口呼吸や唇を閉じずにポカンと口が開いたままの状態、舌の癖、異常な飲み込み癖に姿勢の悪さ・・・etc
様々な要因が歯並び・かみ合わせに最も重大な影響を及ぼします。矯正治療を行う場合、この問題を同時に改善しておかないと、いったんきれいに並んだ歯並びが再び悪くなる『後戻り』が起こります。

原因

清涼飲料水の取り過ぎや、よく噛まずに飲み込むといった食事の仕方も、歯並び・かみ合わせに影響を及ぼします。
特にスポーツドリンクを含む清涼飲料水の取り過ぎが、見落とされがちな歯並びを悪くする原因です。

原因

頬杖や横向き寝、唇の癖、爪噛み、指しゃぶりなども、歯並びかみ合わせに影響を及ぼします。
癖を直さないと、矯正治療してきれいになった歯並びが崩れてしまいます。

●その他の原因
  • 乳歯がいつまでも抜けない(乳歯晩期残存)
  • 乳歯の虫歯
  • 乳歯の早期喪失(抜けてしまったり、歯科医院で抜歯)
  • 舌の形態異常
  • 軟組織の異常(小帯の異常)
  • 永久歯の喪失・虫歯・萠出遅延
  • 歯の形・数の異常
  • 不適切な修復物(詰め物)

歯並びの異常は体や心に様々な悪影響を及ぼします。
よく知られている、肩こりや顔つきの変化、発音の問題だけではなく、
内臓系の病気や睡眠時無呼吸症候群を引き起こす原因にもなります。

当院ではプライバシーが確保された個室で、納得いくまで十分にご説明したうえで治療に入ります!

美希デンタルクリニック
矯正治療の種類

マルチブラケット(従来からの、針金を巻く方法)
マルチブラケットイメージ
  • 子供向け
  • 大人向け

●利点

  • 歯を微妙に動かすことが可能なので、美を追究する方にとって良い方法です。
  • 取り外しできないので、子供が勝手に外して治療が進まなくなることがありません。
  • 多くの歯並び、かみ合わせ異常に対応が可能です。

●欠点

  • 多くの場合歯を抜く必要があるのが、最大の欠点です。
  • 針金を交換して数日は、強い痛みを伴う場合があります。
  • 歯磨きがしにくく、虫歯ができやすくなる可能性があります。
  • 虫歯ができたときにその治療がしにくい場合があります。
●審美矯正(ホワイトワイヤー矯正)
ホワイトワイヤー矯正イメージホワイトワイヤー矯正イメージ

当院において歯の表面につける矯正装置(ブラケット)は透明で目立たない装置を採用しております。また、歯をきれいに動かすワイヤーも従来の銀色のワイヤーだけで無く、歯の色に近い色でコーティングされたワイヤーを使用することも可能なので、より目立たない矯正治療が可能となりました。

サファイアブラケット

宝石のような輝きをもつ、透明で美しいサファイアの単結晶でできた装置(ブラケット)です。

ホワイトワイヤー

歯の色に近い色のワイヤーを使用することで、従来のメタル色のワイヤーに比べて矯正をしていることがわかりにくいのが特徴です。
サファイアブラケットとホワイトワイヤー(エステティックワイヤー)の組み合わせで、美しく目立たない矯正治療が可能となりました。

ホワイトワイヤー矯正イメージ
床矯正(しょうきょうせい)
床矯正イメージ 床矯正の詳細についてはこちら
  • 子供向け

近年日本で急速に普及しつつある、取り外し可能な装置を使用し、歯並びを広げたり、歯を動かすことにより歯並びを治療する方法です。
この方法は、悪くなりそう、あるいは悪くなりかけの時に治療を開始し、より自然な歯並びを作る事を目的としているのが、最大の特徴です。
床矯正は、早期(幼稚園年長~小学校低学年)に開始することにより、その優位性を生かすことが出来ます。

●利点

  • 歯を抜かずに治療ができるのが、最大の特徴です。
  • 取り外しできるので、装置の手入れ、歯磨きが容易です。
  • 殆ど痛みがありません(たまに歯ぐきが痛くなる場合がありますが、調整によりすぐ治ります。)

●欠点

  • 奥歯のかみ合わせが崩れるのが最大の欠点です。(美希デンタルクリニックでは、奥歯のかみ合わせも改善するよう、日々努力しています。)
  • 装置の取り扱いをお子様任せにすると、治療に時間がかかったり、良い治療結果が得られないといったトラブルが発生しやすくなります。
  • 一部のかみ合わせ異常には対応できない、或いは十分な改善が期待できない場合があります。
小児矯正MRC(筋機能矯正)
小児矯正MRC(筋機能矯正)の詳細についてはこちら
  • 子供向け
床矯正イメージ

永久歯がはえてくる子供の成長段階に装着する、マウスピース型の筋機能矯正装置(T4K)を使用して、お口の周りの筋肉を鍛えることで不正咬合を治す治療方法があります。

マウスピース矯正
マウスピース矯正イメージ 見えない矯正治療の詳細についてはこちら
  • 大人向け

矯正のブラケット(ワイヤー)を装着するのには、見た目や異物感で抵抗がある方は以前からおられました。透明な矯正専用マウスピースをコンピューターを使用して制作しますので、審美的に大変優れています。この方法は、クリアライナーとインビザラインといった2つの方法が主流となっており、それぞれが、装置の完成までの納期や歯型取りの回数の違い、虫歯治療の可否といったメリット、デメリットがありますので、ご相談下さい。

●利点

  • 装着していても外見上はほとんどわからないです。
  • 食事や歯磨きの時に自分で脱着できるといった大きな利点があります。

●欠点

  • ブラケット矯正や床矯正と比べて適応症があります。
    歯並びの状態をしっかりとチェックし、マウスピースでの矯正歯科の治療が可能か診察して最適な治療法をご提案します。
スライス矯正
スライス矯正イメージ
  • 大人向け
スライス矯正イメージ

スライス矯正とは

一般的に八重歯等を治療する場合には、小臼歯という歯を抜いて残った歯を動かすスペースを作ってあげる必要があります。
ただ、程度が比較的軽度な場合や歯を抜く事によってスペースが逆に余ってしまうといった場合、歯を抜くのではなく削って(スライスして)歯を並べるといった方法です。

また、病気が原因で麻酔が出来ない場合、患者ご自身が歯を抜く事に抵抗を感じてしまう等の理由により、スライス矯正をされる場合もございます。

スライス矯正のメリット①

【歯を抜かない】
歯を削る事に良くないイメージを持つ方は多いかもしれません。】
ただ、歯を抜いてしまうよりメリットは大きいといえます。】
右の図の通り(実際のサイトは右側にイラストを入れます)歯の表面にはエナメル質という組織がありますが、厚みが1.5mmあるエナメル質の内、0.25~0.5mmスライス(削る)だけですので歯そのものにダメージはございません。】
歯を削ってしまう事で「それが原因で虫歯なるのでは?」とのご質問がよくございますが、スライスした面は十分に研磨し、フッ素を塗って虫歯予防をしますのでご安心下さい。

スライス矯正のメリット②

【治療期間の短縮】
スライス矯正の大きなメリットとして、治療期間の大幅な短縮があります。
(概ね、抜歯による矯正と比べて3分の1~半分程度の治療期間で済みます。)
また、前歯の大きな患者様はスライスをする事で見た目の審美性が増すだけではなく、神経の通っていないエナメル質をスライスする(削る)ので痛みが無いといったメリットがあります。

美希デンタルクリニックのスライス矯正

多くのスペースを余分に空けてしまい、全体バランスが悪くなってしまいがちな抜歯矯正に比べて、必要なスペースのみをスライスする(削る)するのがスライス矯正の特徴ですが、どれだけスライスすれば良いのかは高度な経験と技術が必要です。
美希デンタルクリニックでは院長・椋本の豊富な経験に裏打ちされた確かな技術だけではなく、学生時代に抜歯矯正を経験したからこそ「抜かないこだわり」を持った強い想いがあります。
矯正治療を始める年齢やお口の状態によって、様々な治療法をご提案させて頂きますので、お気軽にご相談下さい。

スライス矯正無料メール相談